Off

窓際のインテリアであるカーテン選びの特徴

by admin on 2015年6月19日

色が重要!?カーテンのインテリアコーディネート

部屋のコーディネートでは、インテリアをどのように選ぶかが重要なポイントですよね。インテリア選びに、その人のセンスを垣間見ることができます。インテリアのコーディネートにおいて、真価が問われるとすればカーテンの選び方です。カーテンは部屋の雰囲気を大きく変える特徴を持っていることから、インテリアの中でも特に慎重に選ばなければならないものの一つです。まずは、色の選択が重要であり、色それぞれが持っている心理的な影響を考慮した上で、カーテンを選ばなければなりません。

厚みの判断!厚手か薄手かのカーテンの選び方

カーテンは、基本的に布などの生地で作られたものが多く、また布で作ったカーテンでも、その厚みによって性質が変わります。カーテンをインテリアとして選ぶとき、事前に厚みについても、ある程度計画性を持って選ぶことが重要でしょう。厚みがあるカーテンは、重量感がある印象を与えます。また、光や風を遮る効果が高いです。一方で、薄い生地によるカーテンをインテリアとして選ぶ場合には、風に吹かれてそよぐような軽やかな雰囲気が印象的です。

機能性で選べる!カーテンインテリアの新商品

窓際のインテリアとして使われることが多いカーテンは、それ自体に遮光やプライバシー保護といった機能性があります。またさらに、材質や加工技術によって、新たな機能性をカーテンに追加することが可能です。部屋での滞在では、外から降り注ぐ紫外線が心配でしょう。カーテンの製品の中には、紫外線カットの機能性に優れたものがあります。紫外線は美容や健康にとっての大敵であることから、カーテンで防ぐことができるというのは魅力的ですね。

ひもカーテンは、字のとおりレース状の紐がすだれのようになったカーテンです。日差しの強い窓設置して、光を半減させるのに最適なため、観葉植物や欄等の植物を室内で栽培するときには必需品です。

Comments are closed.