Off

いろいろなことをやる!?広告代理店の仕事

by admin on 2015年6月18日

営業をしなければいけない

広告代理店の仕事ってどんなことをするのか知っていますか?広告代理店の主な業務というのは、言ってしまえば営業です。いろいろな職種の企業に営業をかけて、広告や企画の提案をするんですね。またテレビやラジオ、新聞や雑誌などのCM枠を各企業に売ったりすることも主な業務です。またイベントなどを企画することも広告代理店の仕事で、街中でよく行われているイベントというのは、こうした広告代理店が主催していたりするんですね。

広告代理店の小さな仕事

テレビCMや新聞広告といった大きな仕事から、新聞の折り込みチラシを制作するなどといった小さな仕事まで、広告代理店の仕事は多岐にわたります。要するに広告自体を制作企画することも広告代理店の仕事ですので、依頼された広告を作っていかに企業のイメージを上げたり、商品の売り上げを上げるのかということを考えなければなりません。要するに、クリエイティブな才能というものも、広告代理店を務めるものとしては必要になってくるんですね。

いろいろな業界の相手をする

広告代理店ではいろいろな業界の相手をすることになります。不動産業界から食品業界、旅行業界やらIT業界まで、そのクライアントは多岐にわたります。例えば不動産業界であれば、住宅やマンションを売るための広告を制作したりしますし、折込チラシやパンフレットなどを作ったりします。食品メーカーであれば、テレビの広告枠を取る仕事が多いようですよ。テレビCMは一定のタイムテーブルによって動いているので、そのタイムテーブルに従って企業にCM枠を売るんですね。

損害保険会社では、代理店募集を常に行っています。整備工場のみならず、個人でなることも可能な職業です。

Comments are closed.