Off

意外と知られていない!?倉庫の種類について

by admin on 2015年5月28日

倉庫の役割について知っておこう

倉庫というと私たち個人にはあまり関係ないと感じるかもしれませんね。それもそのはず、従来倉庫は個人で使うものではなく会社の在庫を置いておくところだったからですね。今は昔ほどはありませんが、在庫を抱えている時に会社はすべて事務所に置いておくわけにはいかず、倉庫を借りたのです。ところが最近は、倉庫も多様化して個人単位で借りる人も増えてきたのです。それがトランクルームやレンタル倉庫というもので、数年前から広がりを見せています。

トランクルームやレンタル倉庫の役割

トランクルームやレンタル倉庫は、大きく分けて専門的な保管が必要なタイプで、専門的な保管が必要でないタイプがあるのはご存知でしょうか。専門的な保管が必要なタイプとは個人や企業で使うものに関わらずそれなりに価値があるもの、例えば書類や機器、家財などの種類があります。この場合のトランクルームやレンタル倉庫は、空調設備が付いていたり、開閉時間が決まっていたりしますのでその分料金が割高になっています。その一方で、専門的な保管が必要としないタイプは格安となっていることが多いのです。

それぞれのタイプを知っておこう

トランクルームやレンタル倉庫は、すべて同じ形状ではなく、様々なところに置かれており、その置き場所によってタイプが異なるのです。狭い日本ですから、ちょっとした土地に置き場所を作るわけですね。例えば、ワンルームマンションの一室を改良したり、マンションの1階部分を改良してトランクルームやレンタル倉庫にしていることがあります。また、野外に置かれているトランクルームやレンタル倉庫も見たことがある人も多いのではないでしょうか。立体駐車場の2階部分や、高架橋の下の空きスペースを利用していることもあるのです。

企業の物流を3PLの導入によって改善することは効率化を図るだけでなく長期的な品質の維持にも繋がります。

Comments are closed.