Off

工事をする事業者は知っておきたい!会計と税務と保険の知識

by admin on 2015年4月24日

工事を行う事業者の会計処理は?

工事を行う事業者が知っておきたい知識の一つに会計処理があります。工事によっては長期間かかるものがあり、会計年度をまたいで工事が続く場合もあります。資金が長期間入ってこないと困るため手付金と進捗によって資金回収を図るのが一般的ですが、会計上の売上計上の方法は工事完成基準と工事進行基準があります。完成基準は引き渡し時にすべての売り上げを計上する方法、進行基準は原価の発生進捗によって売り上げを分割して計上する方法です。

工事を行う事業者は税法の扱いも知っておく

工事業者の売上計上は工事完成基準と工事進行基準のどちらかで会計処理をしますが、税法上は長期大規模工事に該当するときは必ず工事進行基準を採用することが義務付けられています。引き渡し時に一気に売り上げを計上する完成基準に比べて、完成前に売り上げが立つことにより利益が前倒しで計上されることになり法人税の負担が工事中にも発生することになります。そのための資金を回収できるような契約にしておくことも大事なポイントになるでしょう。

工事業者は保険の知識も大切

工事を行う事業者は、工事中の事故に対する備えも考えておく必要があるでしょう。工事中の損害を補償するための保険は工事保険です。この保険に加入することによって自社の損害リスクに対して備えることができます。また、工事中の事故によって第三者に損害を与えてしまった場合に備えて工事損害賠償責任保険にも加入する必要もあります。損害保険会社と契約することになりますが、その事業者に合った保険にカスタマイズしてもらえるので、保険会社に相談をした上で保険に加入するといいでしょう。

腕時計に用いるステンレスバンドは頑丈な造りで劣化しにくいことから人気が高く、多くのデザインに合致する汎用性があるのが特徴です。好みの腕時計に用いる際はサイズが合致していることを確認したうえで、清掃などの手入れがしやすい形状の物を選ぶように心がけます。

Comments are closed.